確定申告を行う時期・期間 - 確定申告 初心者のための情報館

確定申告を行う時期・期間について

今回は確定申告を行う時期についてお話します。

 

所得税および贈与税の確定申告を行う時期
以下となります。

 

2月16日〜3月15日

 

但し、3月15日が土日にかかる場合には、
休み明けの月曜日が期日となります。

 

また、個人事業主の消費税および地方消費税の確定申告
および納税期日は3月31日となります。

 

また確定申告については正確な情報を得ることが重要
ですので、必ず国税庁のホームページはご確認ください。

個人Webサイトの情報は古い情報だったりする場合が
ありますので。

確定申告とは何を申告するもの?

確定申告が必要な人は、
この1ヶ月の間に前年の1月1日から12月31日

までの1年間の収入、事業所得、課税所得を割り出して、

 

納付する税金額を確定させて税務署に申告する手続きを
行うというのが確定申告の目的です。

 

サラリーマンであれば、所得税は
給料天引きにより税金を徴収されていますので、

労働者側で確定申告を通常は行う必要はありません。

 

個人事業主であれば事業収入および経費などを自分で
管理して確定申告の手続きを行わなければなりません

ので、私もそうですが、初めて確定申告となると
いろいろと分からないことだらけです。

 

いかに会社というものが色々面倒な手続きを行って
くれていたかというのを実感させられますよね。

 

 

ちなみに、源泉徴収額が所属税の税額よりも多くて、
還付を受けるという場合には、2月15日以前でも

確定申告書を提出することができますよ。

 

確定申告の手続きを行った後で、
申告内容に誤りがあった場合には、

修正申告というものを行うことになります。

 

誤ったまま放置すると追徴課税など課せられる場合が
ありますので注意しましょうね。

確定申告を行う時期・期間 関連エントリー